Beans(Vanilla House) バニラハウス

 パプアニューギニアの名産品を産地直送でお届け致します。

toplog.png

hdva.jpg

baner-vbean.gif

パプアニューギニア産バニラビーンズ

パプアニューギニアにバニラビーンズを導入されたのが1990年頃。
当時インドネシアやタヒチよりバニラ農業・技術指導員を招きバニラ栽培が開始されました。肥沃な大地と熱帯雨林気候がバニラビーンズの栽培にとても適しており、品質の高いバニラビーンズがアメリカ・日本・フランス・ドイツ・オーストラリアなどに輸出されております。

品種:タヒチバニラ <学名:Vanilla Tahitensis>

昔インド・フィリピン方面よりタヒチにバニラの苗木が持ち込まれ、改良された品種。その香りは、ブルボンバニラとは少し異なり、フローラルでスパイシーな甘い香りが特徴です。
vt.JPG収穫まじかなバニラビーンズhpf.JPGマヌス島契約農家ファミリー

品種:ブルボンバニラ <学名:Vanilla Planifolia>

バニラの原産地メキシコに起源をもつブルボンバニラは 1800年代にフランスによってアフリカのレユニオン島に移植され大規模プランテーションで栽培された。イル・ド・バーボン(バーボンの島)として知られたのが名前の由来と言われています。フェノリック(薬品的)な甘い香りが特徴です。
vb1.JPGマヌス島契約農家のファミリーvpln.JPGパプアニューギニア産は、ワインやショコラの様な芳醇な甘い香

バニラ利用法

バニラの香り成分である「バニリン」は、発酵・熟成後のサヤにあり細かなビーンズ(キャビア)にはバニリンは存在しません。バニラビーンズを利用される際は必ずサヤも一緒にご利用ください。

バニラフレーバーには2つの使用目的があります。
1つはバニラビーンズ自体の風味を生かしたもの。
バニラアイスクリーム、チョコレートなどが代表。
Ice.pngcho.png

もう1つはバニラ自体を表面にださず、フレーバー全体のまとめ役。
洋菓子作りで必要不可欠な材料、卵・牛乳の香りをまろやかにし、小麦粉・米粉になじませる効果があります。
vchc.JPG

食用以外にも薬剤・たばこ・化粧品など幅広くバニラ香(化学合成香料)が利用されております。

バニラビーンズには、甘味を感じさせる作用があり糖分の使用量を減らせる効果があります。バニラ自体には甘味は無く、人間の嗅覚で甘味を連想させるのです。
発酵・熟成後のバニラビーンズは香り高く、加熱する事により芳醇な香りが一層醸し出されます。サヤを割ると中にはぎっしりと詰まったビーンズ(キャビア)がありプチプチとした食感と視覚が菓子の品位をあげる効果として使用されます。
香りを一度抽出したサヤは、水洗いし充分乾燥させてから砂糖と一緒に入れておくと香が砂糖に移りバニラシュガーとして楽しむことができます。サヤをそのまま紅茶やコーヒーと一緒に入れるとバニラティー・バニラコーヒーなどのフレーバーティーとして楽しめます。

バニラビーンズは収穫後のキュアリングという発酵熟成方法により各国・各社・各農園によって香りが変わります。一概に全てのバニラが同じ香りではございません。
是非、世界各地で栽培されるバニラビーンズをお試しください。
きっと気に入った香りに出会えることでしょう。

弊社の輸入するパプアニューギニア産バニラビーンズは、無農薬・無化学肥料栽培で各小規模農家の方々に育まれております。完熟させた上質なサヤを厳選し6ヶ月もの間、天日干し・発酵・熟成を経て大切に管理された逸品を皆様にお届けしております。
私共は現地の方々と共にこれからも無農薬・無化学肥料栽培を厳守し、より一層の品質向上に努めてまいります。(※有機栽培認定)

最後に

日本国内でバニラビーンズをサヤまるごと粉砕した微砕粉バニラプードル(パウダー)を開発しました。
化学合成香料に替わる食材として消費者の皆様に安心してご利用いただけるよう現地農家国内のお客様と共に、天然バニラ商品の普及に取り組んでおります。
どうぞパプアニューギニア産バニラビーンズを宜しくお願い致します。

※有機栽培認定機関:
ACO(AUSTRALIAN CERTIFIED ORGANICの略)
USDA ORGANIC

LinkIconsend e-mail